近年人気の軽キャンピングカー

普通車よりも広い居住空間や快適性といったキャンピングカーのイメージからは正反対ともいえる「軽キャンパー」が、今人気となっています。
一見、一般的なキャンピングカーのイメージとはかけ離れて見え、全く用途も別なのでは思える「軽キャンピングカー」。
しかしながら夫婦二人だけのシニア世代やセカンドカーとして自分専用車がほしいユーザなどを中心に、価格の安さや取り回しなどのよさから”軽キャンピングカー”が注目されているのです。

軽キャンパーのメリットは、何と言ってもその価格の安さ。
普通車のキャンピングカーを購入しようとすれば、一般の乗用車よりも高い出費を覚悟しなければいけませんが、軽キャンパーの場合、元々の本体価格が安いので、夫婦二人だけでの利用やセカンドカーのキャンピングカーとしても購入可能なのです。
購入価格も安く抑えられるうえに、初期費用や維持費も同様に安くできるのが軽キャンパーのメリットです。
また、軽自動車ならではの取り回しの良さも大きなメリットです。
取り回しのいい軽ベースのキャンパーは、細い道でのすれ違いも余裕を持った対応ができます。
取り回しがいいため、普段乗りにも使用できることもメリットの一つでしょう。

メリットに相応した使い勝手の欠点はありますが、最大の欠点は軽のキャンピングカーであるが故としての室内空間の狭さでしょう。
室内が狭いため当然設備も充実したものにはなりませんし、多くの荷物を積むこともできません。
割り切った利用や用途を絞った方向けの用途となりそうです。

キャンピングカーあれこれ

キャンピングカーの基礎知識
一般的には、日本では寝泊まりできる設備を備えた車両を「キャンピングカー」と呼んでおり、同様の大型自走式車両はアメリカでは「モーターホーム」と呼ばれています。
キャンピングカーの種類
キャンピングカーには、その形状によって呼び方の種類があります。
それぞれにメリットデメリットがありますので、用途に応じてどのタイプが自分の使い方に適しているのかを見極める必要があります。
近年人気の軽キャンピングカー
普通車よりも広い居住空間と快適性といったキャンピングカーのイメージからは正反対ともいえる「軽キャンパー」が、今人気となっています。
キャンピングカーと「8」ナンバー
8ナンバー車とは、特殊用途自動車の事で、パトカーや消防車、救急車などの緊急自動車や郵便車などの特定事業車、タンク車、ごみ収集車などの車両に与えられるナンバーで、税金と維持費に優遇があります。
キャンピングカーと価格
キャンピングカーにはさまざまな種類があり、それによって価格もいろいろあります。
実際に軽キャンパーの100万円台程度から、海外製の、数千万円越えの超豪華なものまで、価格帯は非常に幅広くなっています。
キャンピングカーとトイレのお話
公衆トイレが無いような場所でのキャンプや、行楽地などでトイレが混んでいる場合など、男性なら、何とかできる場合もありますが、女性はそうはいきませんので、車内にトイレがあると便利なのは間違いありません。
キャンピングカーの多様なレイアウトと内装
キャンピングカーには、「バンコン」「キャブコン」「バスコン」「フルコン」「トレーラー」 「軽キャンピングカー」などの種類があり、それぞれの車内のスペースやレイアウトがありで様々な内装となっています。
ページトップへ
ページトップへ