キャンピングカーへのこだわり

キャンピングカー カトーモーター トップ > キャンピングカーへのこだわり > 車両・製品・安全確認および試験 > 騒音比較テスト

  • キャンピングカーとは何?
  • Kのこだわり
  • 車両・製品・安全確認および試験
  • アフターサービス及びメンテナンス
  • トラブルQ&A

騒音比較テスト

平成23年 6月18日 天候 晴れ 気温 -
目的 当社の雪国断熱の“静穏性”の証明の為
テスト車 ・カトーモーター ロングトレイン ベース車 トヨタハイエース2700DX 特装
・トヨタ ハイエース2700DX特装 (キャンパーベース車輌)架装前 
・カトーモーター ボノボーヤ ベース車 日産バネットオリジナルハイブリッドボディ
測定器など 測定器:佐藤商事 TM102 国際規格 IEC651 type2 ANSI1.4 type2
周波数帯:31.5Hz〜8KHz 
想定範囲:30〜130dB(オートレンジ)
精度:±1.5dB

内容

キャンパーベース車でテスト
リビング部分のなるべく中心にスピーカーをセットします
↓クルマとスピーカーとは30cm離します
スピーカー前の音は108.7dB
ちなみに一般的な国産車の警笛(クラクション)の前2m付近が110dBです
相当、うるさい音だということが分かります。
架装前のハイエースの内部
67.1dBまで下がります
ハイエースも結構優秀ですよね〜
70dBは、電話の音と同じくらいです

それでは、我がカトーモーターの“雪国断熱”は?
ロングトレインで計測してみます
53.3dBまで減少しました!
60dBだと、静かな乗用車の車内、普通の会話がこの数値です
それ以下だということです

また、かなりうるさい環境(クルマのクラクションと同じくらい)
をここまで静かな環境にしているということです!

次は、ボノボーヤ
断っておきますが、このクルマの外装は一から十までカトモ製作です
61.4dBまで減少しました!
ハイエースベースのロングトレインまでは落ちませんが
優秀な数値ですよ!!

60dBだと、静かな乗用車の車内、普通の会話がこの数値です
それ以下だということです

結果

ページトップへ