キャンピングカーショー

キャンピングカーを詳しく知るには

あなたはキャンピングカーが気になったらどうしますか?
ビルダーのwebサイトを見てみる、カタログを取り寄せてみるといった感じでしょうか?一般の車両でもそうですが、キャンピングカーを知るには、やはり実物を見てみるのが一番です。
特にキャンピングカーの場合は、カタログやwebサイトでは、レイアウトなども同じように見える車輛も、ビルダーの考え方や、こだわりの違い、素材の違いなどからイメージや使い勝手が異なることもあります。
自分の使いかたを想定しながら、ビルダーのコンセプトや力を入れている部分を理解し、見比べて見ることで、より自分に合ったキャンピングカーを探し出せるはずです。
安くはない買い物ですので、気に入ったキャンピングカーをピックアップして旅行がてらにビルダーを訪問して見るのも有りかも知れません。
実際の作業が見られればよりコンセプトなども理解しやすいと思います。

キャンピングカーイベントに足を運ぼう

自分に合ったキャンピングカーに出会うには、実際に見て触れてみて直接いろいろ確認するのが一番間違いありません。
多くのキャンピングカービルダーが一堂に会し、多種多様な車両を同時に見比べることができる「キャンピングカーショー」などのイベントは、最適なキャンピングカーを見つけるにはまさにうってつけといえます。
事前に出展社を確認しておき、予算や目的などから気になるモデルをある程度絞り込んでおく事で、当日により詳しく見比べることができるでしょう。

2019年の注目イベントと見どころは?

各地で開催されるキャンピングカーイベントの注目の一部をご紹介

・ジャパンキャンピングカーショー2019 2/1~2/3

毎年2月頭に幕張メッセで開催される国内最大級のキャンピングカーイベント
「ジャパンキャンピングカーショー」。
キャンピングカーはもちろん、キャンピングカー用品やアウトドア用品をはじめとした様々な展示販売ブース、トークショー、パフォーマンスなど見どころ満載のイベントです。2019年も、2/1~3に行われ、67,000人以上もの来場者でにぎわいました。

・名古屋キャンピングカーショー2019 3/9~3/10

春と秋で年二回開催される、東海地区で最大級のキャンピングカーイベント。
約150台ものキャンピングカーが一堂に会し、2万人以上の来場者が訪れました。

・東北キャンピングカーショー2019 3/16~3/17

100台超のキャンピングカーが展示される、年に一度の東北最大級のキャンピングカーショー。
2日間で、17000人以上の来場者を集めました。

・大阪キャンピングカーショー2019 3/23~3/24

西日本最大級のキャンピングカーショー。
国産車から輸入車まで、様々な種類のキャンピングカー170台以上が一堂に集まり、買い替えを考えているオーナーからこれからキャンピングカー購入を考えているビギナーまで必見のイベントです。
2019年は2日間で26000人以上の方が来場しました。

・北海道キャンピングカーフェスティバル2019  4/6~4/7

北海道最大級のキャンピングカーイベント。
約100台のキャンピングカーが展示され、車輛の商談のみならず、パーツやグッズの販売なども行われました。

お台場キャンピングカーフェア2019 10/5-10/6

関東最大級の屋外展示商談会。
お台場青梅の臨時駐車場にて約200台ものキャンピングカーが大集結します。
イベントも盛りだくさんで多くの来場者が楽しめるでしょう。

その他のカトーモ-ターの出展するイベントフェア等はこちらをご覧ください

新車のキャンピングカー車両はこちらからご確認いただけます。

キャンピングカーあれこれ

キャンピングカーの基礎知識
一般的には、日本では寝泊まりできる設備を備えた車両を「キャンピングカー」と呼んでおり、同様の大型自走式車両はアメリカでは「モーターホーム」と呼ばれています。
キャンピングカーの種類
キャンピングカーには、その形状によって呼び方の種類があります。
それぞれにメリットデメリットがありますので、用途に応じてどのタイプが自分の使い方に適しているのかを見極める必要があります。
近年人気の軽キャンピングカー
普通車よりも広い居住空間と快適性といったキャンピングカーのイメージからは正反対ともいえる「軽キャンパー」が、今人気となっています。
キャンピングカーと「8」ナンバー
8ナンバー車とは、特殊用途自動車の事で、パトカーや消防車、救急車などの緊急自動車や郵便車などの特定事業車、タンク車、ごみ収集車などの車両に与えられるナンバーで、税金と維持費に優遇があります。
キャンピングカーと価格
キャンピングカーにはさまざまな種類があり、それによって価格もいろいろあります。
実際に軽キャンパーの100万円台程度から、海外製の、数千万円越えの超豪華なものまで、価格帯は非常に幅広くなっています。
キャンピングカーとトイレのお話
公衆トイレが無いような場所でのキャンプや、行楽地などでトイレが混んでいる場合など、男性なら、何とかできる場合もありますが、女性はそうはいきませんので、車内にトイレがあると便利なのは間違いありません。
キャンピングカーの多様なレイアウトと内装
キャンピングカーには、「バンコン」「キャブコン」「バスコン」「フルコン」「トレーラー」 「軽キャンピングカー」などの種類があり、それぞれの車内のスペースやレイアウトがありで様々な内装となっています。
オールマイティで人気なハイエースベース、
キャラバンベースのキャンピングカー

一番人気はバンコンタイプのキャンピングカーです。
なかでも、ハイエース、キャラバンをベースとした車両は他の追随を許さないほどに人気です。
キャンピングカーショー
自分に合ったキャンピングカーに出会うには、実際に見て触れてみるのが一番かもしれません。
「キャンピングカーショー」などのイベントについて解説します。
ページトップへ
ページトップへ