カトーモーターのこだわり キャンピングカー ボディー下回りへのこだわり理由

もともと25年前に自動車販売、車検修理工場を併設している所から、キャンピングカーの製造を開始しました。
車両への、検査点検は50年の経験を積み重ねてきました。
その中、ボディーの腐食している車は、車両の価値、中古車としての販売価値を著しく減価させてしまうことを、嫌というほど学んで来ました。

わたしどもは、納車させていただく前から、次の入替もあることを想定して、キャンピングカーをお作りしています。
もし入替させていただくなら、次にお乗りになる方にも、気持ち良く長く乗っていただける、価値あるキャンピングカーを提供するべきである。と強く思っております。
お陰さまでカトーモーターの中古車はあまり市場に出てきません。複数台市場に出ていると、なんで入替されたのかな?とふっと考えてしまうくらいです。
弊社でも入庫予定が決まると、いくつも引き合いがあり、入庫早々に嫁ぎ先が決まってしまいます。

正直言ってサビなどの腐食の多い車は、できれば扱いたくありません。ですからカトーモーターの新車、中古車はすべて下回りにおいて、床打ちし、飛び出たビスはコーキングし、さらにそのうえから防サビ塗装を全車標準でほどこしてあります。

一般的には、シャーシブラックとかシャシブラなどと言われる塗装です。施工してあるクルマは、ボディの下回りが黒いので、すぐに判ります。
新車の内は、サビの発生はありませんが、ワンシーズン使用すれば融雪剤の影響でサビの発生率は上がります。
融雪剤とは、降雪時に高速道路などに撒かれる塩化カルシウム等のことです。いわゆる“塩”ですから、サビ易くなるのは必然です。最初からシャーシブラックを施すのと、サビが発生してから施すのとでは、5年・10年経過した時 凄い差が現れます。
雪とは無縁の地域でも、シャーシブラックを施したクルマと、しないクルマでは、サビの発生率は明らかに違います。

ただ、一回防サビ塗装をしたからそれで良いというわけにはいきません。当然所有者である、お客様が大切にお使いになり、メンテナンスを続けて行っていただきたいものです。

資源に限りがあることは昔から言われていますが、底をつきそうになってから騒いでも、
さあたいへん!!です。わたしたちにできるエコは、大事に長く使い、また中古車として考えた時には、次の人にも気持ちよく大事に使っていただける様に、さらに見知らぬ人の為に少しお金をかけて行くことかもしれません。

キャンピングカーはだいぶ特殊な車であると思います。
下取りに出される時に、大のおとなが目を潤ませて別れを惜しんでいられる事が多々あります。私どもには分からない数々の思い出があるのでしょう。
そんなことを考えてキャンピングカー作りをしていると、できるだけ見えない所にも心を込めたくなります。他社メーカーさまより若干高いと言われることもありますが、その陰にはいろいろな理由があります。

カトーモーターのこだわり

タイヤハウスの断熱構造
普段は見えない所ですか、更なる断熱・防音効果を上げるため、1台1台ハンドメイドで行っている加工です。
断熱へのこだわり
カトーモーターと言えば「断熱」
業界トップクラスを維持し続ける、オリジナルの断熱技術です。
自社一貫生産へのこだわり
20年経ってもくたびれないキャンピングカー製作を目指して…純国産のキャンピングカー製作を行っております。
家具へのこだわり
四半世紀以上、家具製作に携わってきた職人達がカトーモーターのキャンピングカーを製作しています。
窓枠・窓際(無垢材)へのこだわり
どうしても外気の影響を受けやすい、窓周りの断熱加工のこだわりのご紹介です。
木材へのこだわり
木目調ではなく、天然木を使用した車内づくり。カトーモーターの家具は高級家具に使用される突板を使用して作られています。
シックハウス症候群防止へのこだわり
見た目の豪華さだけではありません。長く使うための安全性も考慮しています。
仮家具確認作業について
お客様が納得の1台をお届けするために、完成前に行う確認作業のご紹介です。
キャンピングカー ボディー下回りへのこだわり理由
長くキャンピングカーにお乗りいただきたいから…見えない所にも心を込めたくなる、弊社のこだわりです。
冷蔵庫“排熱ファン”へのこだわり
冷蔵庫の冷却効率の向上、バッテリー消費を抑える弊社オリジナルの装備です。
ボーノ(ボノボーヤ)のボディ構造へのこだわり
外観だけでは分かりづらい、ボディ剛性、安全性を高めた制作方法のご紹介です。
人づくりへのこだわり:スタッフプロフィール
お客様のキャンピングカーに携わる弊社スタッフの紹介ページです。
ページトップへ
ページトップへ