キャンピングカーへのこだわり

キャンピングカー カトーモーター トップ > キャンピングカーへのこだわり > 車両・製品・安全確認および試験 > 断熱テスト(スーパー断熱 カーテン無し仕様)

  • キャンピングカーとは何?
  • Kのこだわり
  • 車両・製品・安全確認および試験
  • アフターサービス及びメンテナンス
  • トラブルQ&A

断熱テスト(スーパー断熱 カーテン無し仕様)

平成20年1月12〜13日天候晴れ気温−0.5℃〜5℃
目的

カトーモーター オリジナル雪国スーパー断熱が実際にどの程度の断熱効果があるのかのテスト、施工前のノーマル非断熱車両と オリジナル雪国断熱施工後の車両を2台並べての12時間のテスト、車内の温度を車両ヒーターで一時間上げて、そこから外気温に達するまでの時間を計測します。

テスト品

ハイエーススーパーロング特装。弊社スーパー断熱仕様。オークサイド装備の車両、
カーテンなしの車両

ハイエーススーパーロング特装。加工等一切なしのノーマル仕様

測定器など測定器:サーモマネージャーボタン型温度計

内容

2台ともエンジンをかけて車両ヒーターの設定を最大にし、車両を暖める。
1時間後エンジンを切り、30分間隔で温度を計測します。
2台テストは温度計自体が、できるだけ日光の影響を受けないようにオリジナル百葉箱(写真テーブル上の箱)に入れて計測

カトーモーター雪国断熱車両 とノーマル
車両12時間計測して、
温度データーをグラフ上で比較、
外気温と同じ温度に到達するまでの時間を
計測致し、またその温度の変化をグラフで表し確認した。

結果

スーパー断熱仕様の車両は温度低下が緩やかに落ち、外気温とほぼ一緒になるのが10時間後である。
断熱をしない車両は急速に温度低下をする。約4時間後に外気温と一緒になる。
スーパー断熱仕様と非断熱仕様の外気温到達時間の差は2倍位の差もある。
外気温0℃のなか五時間近く5℃以上を確保しているのは相当の効果を認められる。

またカーテンなども使用していないので、カーテン、マルチスクリーンの利用でさらに断熱性能はアップすると考えられる

ページトップへ